マレーシアで走ってきた(1日目)




一発目の投稿から破天荒な記事になってしまうが、どうかご容赦いただきたい。
というのも現時点ではまだサラリーマンであり、さらに早速日本を飛び出してしまうという内容である。。。

つい先日の2月23日~27日までマレーシアのコタキナバルに旅行してきた。もちろん旅行といっても観光ではなく自転車に乗りにだ。(観光もしたけれども。。)
サラリーマンながら既に退職する意思を固めた私に怖いものは無く、年度末迫る月末も気にせずに有給休暇を頂いた次第である。

23日の朝10:30に成田空港を出発し、クアラルンプールを経由して21時にコタキナバルに到着したのだが、コタキナバルに到着する前に2つトラブルが発生したので、報告しよう。(毒殺ではない。)

1.
私は荻窪に在住しているのだが、成田空港までの移動を極力安価に済ませようと中央線で一旦東京駅まで出て、そこから京成バス(東京シャトル)又はJRバス(THEアクセス成田)の格安便を利用して移動しようと考えた。
(リムジンバスは吉祥寺⇒成田:¥3,100-に対し、電車と格安バスを乗り継げば約¥1,500-で済む!)
過去にリムジンバスを利用して輪行した経験から自転車を載せられるだろうという安易な発想でこのルートを考えたが、バス乗り場でスタッフに確認したところ客数が多いため乗せられないと断れてしまった。
正確にはJRバスは銀座始発の乗客が多く乗せられない可能性があるという理由、
京成バスは予約客優先なので予約と事前連絡がないと載せられないとの理由であった。
(京○バスの荷物積み込みスタッフはかなり不快な態度で合ったことは内緒にしておこう)
一時的に焦ったが、2時間前には空港に到着できる余裕のスケジュールを組んでいたため、成田エクスプレスを利用することで事なきを得たが、結局リムジンバスより高くつくことになってしまった。今後の勉強代ということで納得しておこう。




2.
今回は私だけでなく何人かのショップメンバーと出かけたのだが、その内の一人のパスポート有効期限が6ヶ月を切っており、搭乗を拒否される事態となったのだ!
ちなみに当人はこの旅を企画したショップのオーナーである笑
これにはメンバー全員が一時騒然となったが、結論から言うと無事に搭乗することが出来た。
6ヶ月以上の有効期限はマレーシアのルールではあるものの実際の判断は入出国の検査官が行なうので、現地で入国できなくても文句言わないよ~的な書類にサインをしてチェックインさせてもらえたのだ。(無事入国も出来た)
今回利用したマレーシア航空の寛大な配慮にテリマカシー(ありがとう)である。

こうして愉快な仲間たちは無事マレーシアはコタキナバルに到着したのであった。
もちろんビール好きの私が機内で大量のビールを頂いたことは言うまでもない。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 根本 英樹 より:

    立派なプログですね。
    私もプログを作成したいなぁ〜と思っちゃいました。
    今後のご活躍期待してますよ。