#51 磐梯山ゴールドラインでヒルクライム!自転車で楽しむ福島の名峰!




ここ数日雨が降り続いた影響でネタがなくなり更新が滞っていたが、新鮮なネタを獲ってきたので、紹介しよう。
というわけで今回紹介する峠は、福島が誇る名峰磐梯山である。




スポンサーリンク


・峠スペック

坂バカ度:★★★★★★☆☆☆☆
景観:  ★★★★★★★★☆☆
路面状況:★★★★★★★☆☆☆

距離
11.6km
最大標高差
697m
平均斜度
全体:6%
上り:6.4%
下り:2.4%
獲得標高
上り:696m
下り:6m

・補給ポイントについて

スタート地点はゴールドラインの始点となるこの位置からとする。
ゴールの八方台駐車場までは全長11.6㎞だ。

・ラストコンビニ

ラストコンビニは、スタート地点前にあるセブンイレブンだ。

・ラスト自販機

ラスト自販機は、スタート地点の300mほど手前にある。

スポンサーリンク

・実走レビュー

この峠の特徴は、急斜面と緩斜面を繰り返す階段式の登り部分が大半を占めることだ。
またコーナーが多い峠でもある。

スタートするとのどかな景色の中を5~7%程度で登っていくことになる。

しばらく行くと酒蔵が見えてくる。
その少し先(スタートから1.7㎞)から斜度が8%に上がる。

しかしこれも、星野リゾートが見えてくるといったん落ち着く。
前半は比較的きつめの構成なので、ここで脚を削りすぎないように注意したい。

星野リゾートを過ぎて、アルツ磐梯スキー場のゲレンデに入ると中盤に突入することになる。

中盤は比較的穏やかな勾配で、4~7%の間であまりきつくなりすぎることがないので、ペースをつかみやすいだろう。

またこのあたりから景色も良くなってくるので、気持ち的にも若干余裕が生まれるはずだ。

幻の滝の駐車場が見えてくると、登りは後半に入る。

後半はまた8~10%程度の斜度になり、厳しく感じるだろう。

ただ、ここまでくると磐梯山が見えて、頭上も空が広がってくるので、峠の頂上が近いことを感じることができる。

また後半4㎞のうち8~10%の登り区間は2km程度で、ラスト2㎞は比較的勾配がゆるくなる。(一か所だけ9%の登りがあるが)
余力がある場合には斜度が緩くなったと感じたら早めにスパートをかけても良いだろう。

頂上付近に駐車場があり、登りが極端に緩くなる箇所があるが、この駐車場はゴールではない。

その先に9%の登り返しがあるので、これを越えると八方台の駐車場看板が現れゴールとなる。
タイムを狙う場合には、前半はマイペースで中盤を飛ばし、後半は一定ペースで耐える走りをすると、比較的タイムが出やすいように思う。

・頂上施設について

頂上には駐車場があり、路面には最高標高地点を示すペイントがあるので、峠の頂上感はある。

・路面状況について

路面状況は比較的良好で、ガタガタするような場所も少ない。
とはいえ、コーナーが多いので、下りのスピード出しすぎで曲がり切れない、なんてことがないように気を付けてほしい。
また景観が良いので、そちらに目を取られてハンドル操作を誤るなんてことにならないよう、景色を見たいならしっかり止まって堪能しよう。
経路上にはいくつかの展望台や駐車場もあるので、景色を楽しむなら利用すると良いだろう。

・その他

磐梯山ゴールドラインは反対側からの登りもあるのだが、獲得標高は300mで、道としてもあまり面白みのない道なので、省略させていただく。