#33 筑波山(風返し峠表)でヒルクライム!ロードバイクで筑波山に登ろう!




今回から紹介するのは筑波山だ。「今回から」というのは、筑波山には現時点で登りが5か所(風返し峠(表)、風返し峠(裏)風返し峠(北)不動峠朝日峠(フルールライン))あるので、今後5回にわたって筑波山の登りを紹介していく。




スポンサーリンク


・峠スペック

坂バカ度:★★★★★★☆☆☆☆
景観:  ★★★★☆☆☆☆☆☆(つつじが丘駐車場まで登る場合は+4つ星)
路面状況:★★★★★☆☆☆☆☆

距離
7.8km
最大標高差
487m
平均斜度
全体:6.3%
上り:7.1%
下り:3.2%
獲得標高
上り:499m
下り:16m

・補給ポイントについて

まずは一番わかりやすい、風返し峠へと続く筑波神社経由の表ルートについて説明しよう。全長は7.8㎞だ。
スタートはこの交差点とする。ラストコンビニはセーブオンで、自販機はスタート地点そばにある。なお坂の途中にもあるので、心配はいらないだろう。
なお筑波山へは霞ヶ浦から続く「つくばりんりんロード」を通ってアクセスできるので、都内からは土浦駅まで輪行できれば楽しいサイクリングと組み合わせて登ることができる。

・実走レビュー

登り始めるとすぐに7%前後の登りになり、そのまま登り続けることになる。

場所によっては10%ほどの斜度になるが、2㎞ほど進むといったん勾配が緩まるので、ここで脚を休めよう。

そこから450mほどで筑波山神社の大きな鳥居にたどり着く。

鳥居を過ぎるといったん下り基調になるが、ここで終わりではない。むしろここからがキツい区間になる。

下り基調が終わると、その後の2㎞強は10~13%前後で推移する。

この区間を何とか粘り切ると唐突に風返し峠が現れる。

一旦ここで脚を止めてもいいのだが、できればそのまま頂上となるつつじが丘駐車場まで登ってしまおう。風返し峠から駐車場まではおおよそ1.7㎞だ。

スポンサーリンク

今までよりも勾配は若干緩まって8%前後となる。またこの区間は景観が素晴らしく、登りながら関東平野や霞ヶ浦方面を望むことができる。この景色を見ればつらい気持ちも一時忘れることができるだろう。

ループ橋を超えてカーブを3度ほど曲がると直線が見えてくる。

この直線の先が駐車場となる。直線区間は勾配が緩まり5%前後となる。最後の力でスプリントをかけよう。

駐車場には売店や自販機もあるので、飲み物をグビグビしたり、食事をとるのも良いだろう。

またせっかくなので、筑波の石碑の前で写真を撮ろう。

下からタイムをねらう場合には、距離は長くないものの前半を飛ばしすぎるとそのまま回復できなくなってしまうので、登り勾配は一定のペースで踏み、勾配が緩くなったり下り基調になったときに、いかにスピードを乗せることができるかがキーとなるだろう。
また風返し峠から駐車場までは短いようで長いので、風返し峠までを8割で登り、駐車場までを全力で行くと良いだろう。

・路面状況について

路面状況については、片道1車線確保されているものの、ひび割れや凸凹している区間もあるので、下りの際は注意が必要だ。特に神社付近は自動車や人の出入りが多いので、事故には注意してほしい。また、土日や連休は筑波山神社への参拝客を乗せたバスや自動車が多く、渋滞することも珍しくない。その場合は潔くTTをあきらめるのが賢明だろう。