ロードバイクを守る!おすすめの鍵(ロック)10選!




今回は、自分の愛車を守るための鍵について紹介していきたい。
私は過去にロードバイクを盗まれた経験から、カギについては新しい情報を常にチェックしている。
その情報を、ぜひ皆様にも役立てていただきたいと思う。




スポンサーリンク


カギの重要性について

ロードバイクに乗る人が増えるに従って、ロードバイクの盗難も増えており、組織的な窃盗事件も発生している。
とはいえ何もしないよりは、カギを掛けることで盗難の可能性を下げることができる。
プロの窃盗団からの窃盗を防ぐのは難しくても、乗り捨て目的の輩やいたずらからは大切な車体を守れるだろう。
愛車を守るために必要な頑丈さと、ロードバイクに欠かせない携帯性で選んだ鍵を紹介していきたい。
なお、自転車の鍵とは、頑丈さと携帯性(重量)はトレードオフとなる。
今回紹介するカギは、下に行くほど強度が高くなり、その代わり携帯性が下がると考えてほしい。

大型バイク(モーターサイクル)の盗難防止には、車体価格の10分の1を掛けると、盗難を防ぐことのできる確率が大幅に上がると言われている。
これは、大型バイクを狙う窃盗団が目安とする、5分という犯行時間を耐え抜く時間稼ぎができる防犯装備を整えられる予算ということだ。
本来であれば、自転車もこれくらいの防犯を施すべきだが、実際には鍵の重量などの問題から難しい。
しかしロードバイクは、バイクと違って盗みやすい上に転売しやすく、捕まっても罪が軽いため格好のターゲットとなっている。
証拠も残りづらいので、被害者が泣き寝入りするパターンがほとんどで、犯罪検挙率も低い。
ロードバイクに乗る者として、この現状を頭の片隅に置いておいてほしい。

カギと自転車のつなぎ方

鍵そのものを紹介する前に、自転車と鍵のつなぎ方について紹介しておこう。
自転車にカギを掛けるときは、地球ロック(固定物と繋ぐこと)が基本だ。
自転車だけにカギをしても、ロードバイクは軽いので、持ち上げて持ち去られてしまう可能性がある。
なのでポールや雨樋など、何でもいいので構造物と繋ぐようにしよう。
またロードバイクのホイールは、クイックリリースという脱着を簡単にすることのできる器具で固定されている。
そのためフレームだけを地球ロックしても、ホイールを持ち去られる可能性がある。
(逆にホイールだけ鍵を掛けてもフレームを持ち去られる)
ラックなどに掛けるかける場合も、ラックと絡めて鍵を掛けよう。

鍵をする時には、チェーン&U字ロックの様に複数の種類を併用することで、防犯性を高めることができる。
自分がカギを外すのが面倒だと感じることは、盗む側にとっても同じように映っているということだ。
盗まれたくなければ、面倒でも複数本(複数種類)の鍵を掛けることをお薦めする。

郊外での短時間の駐輪に対応

crops(クロップス) Q3 SPD08/Φ3×1800mm

軽量な鍵の定番、cropsの伸縮タイプのワイヤー錠。
頑丈さはなく、時間を掛ければニッパーで切れてしまうが、ちょっとトイレやコンビニに行くには便利。
重量:100g
価格:約2000円
頑丈さ:★
携帯性:★★★★★★★★★★

CROPS(クロップス) Q CP-SPD07


こちらもcropsの製品。
Φ4mmでサドルバッグにも収まるサイズだが、長さがあるので自転車の前後輪を合わせて地球ロックしやすい。
ストレートなので、取り回しがしやすいのも良い。
ただし、これも時間を掛ければニッパーでも切られるので、コンビニや飲食店に寄る際に利用するのが良いだろう。
重量:140g
価格:約1,500円
頑丈さ:★★
携帯性:★★★★★★★★★

パナソニック U型ロック SAJ080 ブラック


気軽に使えるU字ロック。
不正開錠に強いダブルディンプルキーで、外側が柔らかい素材なので、車体を傷つけない。
ワイヤー錠より携帯性に劣るが、比較的堅牢。
重量:400g
価格:約2,000円
頑丈さ:★★★
携帯性:★★★★★★★

街中での短時間の駐輪に対応

ABUS(アブス) チェーンロック 5805K 110cm


チェーンロック大手メーカーのABUSの製品。
チェーンタイプのカギなので、ワイヤー錠より頑丈。
ワイヤー錠と違って、チェーンの方が切るのは難しい。
切断には布カバーを剥いだ上で、小型のチェーンカッターが必要になる。
取り回しが良くないので、地球ロックできる場所が限られるのが難点。
重量:800g
価格:約4,000円
頑丈さ:★★★★
携帯性:★★★★★

OTTOLOCK(オットロック) Cinch Steel & Kevlar Combination Lightweight Lock – Flash Green [Size: 152cm(60 Inch)]


重量:240g
価格:約13,000円
頑丈さ:★★★★★
携帯性:★★★★★★★★
キックスターターで製品化された鍵。
今までにはなかったバンドタイプで、ステンレス鋼がケブラー繊維で覆われている造り。
ニッパーやワイヤーカッターの様な工具では、ケブラー繊維が効果を発揮して刃がステンレスに到達しない。
この強度でありながら、長さもあり軽量コンパクトなのが良い。
価格は高いが、その価値は十分にある。
長さによって値段が違うので、環境に合わせてチョイスしよう。

スポンサーリンク

街中での1時間程度の駐輪に対応

KRYPTONITE EVOLUTION MINI”7″ クリプトナイト New! エボリューションミニ7(178mm)ロック 1200mmワイヤー付


アメリカのクリプトナイト社のU字ロックとワイヤーがセットになった製品。
様々な使い方ができ、フレームとホイールをまとめて繋ぐことができる。
またU字ロックのみを使うこともできるので、シチュエーションに合わせて利用できる。
重量:1.3㎏
価格:約8000円
頑丈さ:★★★★★★
携帯性:★★★

ABUS(アブス) ブレードロック 80cm Uグリップボルドー5700 盗難補償付


チェーンロック大手メーカーのABUSの製品。
硬化処理された合金プレートを繋ぎ合わせた、折り畳みアーム型のカギで堅牢。
重量は1㎏程と重めだが、コンパクトに収納できる設計になっている。
重量:1㎏
価格:約6,000円
頑丈さ:★★★★★★
携帯性:★★★★★★

ABUS(アブス) アーマードケーブルロック スチール・オー・フレックスIVEN8200 盗難補償制度付


ワイヤーを25㎜のスチールシールドでカバーし、更にその上にナイロンとケプラーを組み込んだにシールでで保護。
耐久性が上がり自転車に傷を付けにくくなっている。
シリンダーがワイヤーと一体になった形でかさばらないのも良い。
重量:1.4㎏
価格:約8,000円
頑丈さ:★★★★★★
携帯性:★★★

街中で長時間駐輪するならこれくらいは必要

ABUS(アブス) ブレードロック ボルドー・グラニットXプラス6500 盗難補償付


4番目に紹介した製品と同タイプのメーカー(ABUS)最強版。
硬化処理された合金プレートを繋ぎ合わせた、折り畳みアーム型のカギで堅牢。
重量は2㎏程と重めだが、重量の割にはコンパクトに収納できる設計になっている。
価格:約20,000円
頑丈さ:★★★★★★★★★★
携帯性:★★★

ABUS(アブス) 【日本正規品 /2年間保証】 GRANIT X-PLUS540/230 EaZyKF マウント付き


ABUSのU字ロックの最強版。
高強度の専用スチール鋼を、ナイロン製カバーで巻いたモデル。
しなやかに動くので、様々なところに巻き付け可能で持ち運びも容易。
バイクを傷つけるリスクも軽減。
重量:1.5㎏
価格:約20,000円
頑丈さ:★★★★★★★★★★
携帯性:★★

番外編:窃盗団に対抗しうる最強ロック

私が都内に住んでいた時に、大型バイクを盗難から守るために使用していた鍵を紹介しておこう。
市販されているものでは最強レベルだ。

キタコウルトラロボットアームロックTDZ-10


大型バイクを盗難から守るために開発されたチェーン錠。
これを見ただけであきらめる窃盗団も多いが、重量的に持ち運びは不可能。。
これを切断するには、レスキュー隊が使用する油圧カッターが必要で、市販品では切断不可能。
因みにこの上にTDZ-12という、更に上を行く製品もある。
○特殊合金鋼使用
○50t油圧カッター破断テストクリア
○総重量:約18.4kg
○全長:約2340mm
○アームサイズ:28mm角
○先端シャフト:φ34×350mm
○先端シャフト有効幅:約260mm
○キーロック一体型(ABLOY SENTRY採用)
○鍵のパターン:3億6279万通り
重量:18.4㎏
価格:約100,000円
頑丈さ:★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
携帯性:☆

因みに私は用心を重ね、さらにもう一本同等の15㎏程のチェーン錠と3㎏程度のチェーン錠、ディスクロックを使用していた。
ここまでやっておけば、外に放置された資産でも精神的に安心できる。
もちろん自転車の様に中にしまえるものは、室内にしまってしまうのが、一番の防犯になることは言うまでもない。

という訳で、以上が盗難経験を持つ私がお薦めするカギ10選だ。
せっかく大切にして、思い出も詰まった愛車が無くなってしまっては、泣いても悔やみきれない。
この記事を機会に、皆様も自分の大切な愛車を守るために、できるだけ盗難防止について真剣に考えて頂ければと思う。