沖縄ねこ日記







今回は自転車を離れて、癒しのお猫様についてお届けしよう。

実は那覇には地域猫という文化(習慣?)があり、地域ごとに住み着いた猫がいる。
ぱっと見は野良猫かと思うが、しっかり首輪がされており地域の人たちによって餌付けさている。
その扱いは沖縄独特のものと言えるだろう。

私が泊まっていたゲストハウスの前は地域猫の溜まり場となっており、写真を撮ることは容易だった。

早速その生態を紹介していこう。

まずは年寄りのおじいちゃんねこだ。
常に眠そうな顔をしている。

他の猫たちと比べて圧倒的にのんびりしており、眠い目で街を見守っている。

基本的にシャッター前が定位置。

お店の中に入ることはない。

カメラを向けても、目線をそらすことはない。

喧嘩を買うようなことはしない。
誰とでもゆっくり触れ合う。

常に眠そうなのが何とも言えない可愛さだ。

次は店長だ。
このねこは地域猫ではなく飼い猫なのだが、ほかの地域猫と同様に街中を練り歩いている。
店で飼われているので、店長。実は副店長もいる。
いつもいるようでいない結構レアキャラ。

次は、いつも店長と見間違う偽店長(勝手に名付けた)
比較的若いねこで、警戒心が強め。

戦闘力は不明だ。

基本的に物陰にいることが多い。

ここも入れるのだろうか。。

一番紳士感があるのはこの子。
立ち振る舞いが常に紳士。
しかし、オスかメスかは不明。。

はて、私のエサはどこだろうか。

可愛いしぐさも忘れない。

この白黒ねこといつも一緒にいるのが、強面のこの子。

こちらも性別は不明。

二人は仲良し。

どこに行くにも一緒。

結構強面だが、立ち振る舞いは紳士だ。




たまに先に来て待ってたりする。

後姿はとてもかわいらしい。
ギャップ萌え。

続いては、おひとりさまののんびり屋さん。

出勤してくる。

身なりを整える。

眠くなる。

おやすみなさい。

おしゃれな柄のこの子は、何にでも興味津々。

まだ若いようだが、気持ちの強さはだれにも負けない。

でもやっぱり好奇心に負けてあっちへ行ったり、こっちへ行ったり。

たまにやってくるこの子は坂の横が最初の定位置。

お昼過ぎには移動。

撮影していると、何やってるのかと首だけ動かしてカメラをのぞき込むが、このあとまたすぐに寝る体勢へ。

おじいちゃんと何かを見つめる。

商店街にもねこ。

段ボールの上にもねこ。

観光ブックには載っていない、のんびりと地域猫を眺めながら過ごす。
これもまた沖縄の楽しみ方と言えるだろう。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ymk より:

    少しだけ滞在ご一緒してた者です(^_^*)
    私もここの猫さんたちに癒されていたので、こんなに詳細な記録があって、ほっこり嬉しくなりました(*^^*) ありがとうございます。
    今後の旅もGood Luck です!!

    • wpmaster より:

      ねこ好きとしては心地の良い場所でしたね笑
      少しでも心の癒しになれば幸いです。
      共にGOODLUCK,GOODLIFEで行きましょう!